福岡国際大学2010年開放授業  「太宰府の歴史と文化」          太宰府市福岡国際大学

3人委員会“観世広(作家)・安達義弘学長・重松敏彦古都保存会事務局長”

第2講「古代の大宰府」 講師:重松敏彦(古都保存協会 事務局長)     配布資料:A4-2枚 2010-04-23

          太宰府と大宰府の表記:通例に則り行政関係での使用は中にテンが入った太宰府。歴史的場合はテンを入れない大宰府とします。

          講師から配布をうけたレジメの章の順番にて記述します。誤りや記載ミスなどあるかと思います。すべて受講者の責任です。                                                  

    受講者(文章責任:野田春生)

本日の講師は大宰府古都保存協会の事務局長さん。「大宰府というと大宰府天満宮のイメージが強い。よく人が言われるのは、

<他にもすごい遺跡があるんですねー>という感想が多い、本日は大宰府政庁を中心とする大宰府についてざっくりとした大雑把な

話を致します」と始められました。

大宰府というのは、もともとは古代日本における役所の名前。大宰府政庁跡は、国の特別史跡に指定を受けた。

史跡のうち、特に学術上価値の高いもの重要なものを特別史跡に指定することができる、1950年(昭和25)年に文化財保護法が成立。

全国の史跡:1650件、うち特別:61件。九州・沖縄:286件、うち特別:12件。

福岡:82件、うち特別4件:大塚古墳、大宰府、大野城、水城跡。

 「大宰府って何ですか?」という質問:

1.      定義:@日本の律令国家時代の対外的機能を有しA軍事的機能の一端を有しB西海道(九州)全体を統括(管内支配機能)する、

この3機能を有した当時最大の地方官衙(かんが)= 役所である。

§1:日本律令国家と大宰府

.大宰府の成立過程(倉住靖彦)「古代の大宰府」吉川弘文館 1985年刊に拠る:

(ア)大宰府の直接的な起源は「日本書紀」宣化天皇元年条にみえるいわゆる「那津宮家」。

(イ)「日本書紀」推古天皇174月庚子条に筑紫大宰が初見する。この直前、「那津宮家」の機能・機構を継承し、さらにそれを

官制的に発展させたもので、その管掌者の官職名として筑紫大宰が創設された(前期筑紫大宰)。

(ウ)天智天皇2(663)年8月、白村江での敗戦をきっかけにそれまで那津に駐在していた筑紫大宰とその属領組織は現在地

(大宰府政庁跡の所在地)に移駐した(後期筑紫大宰)。

(エ)持統天皇3(689)年6月の飛鳥浄御原令の施行によって筑紫大宰が成立した。

(オ)大宝元(701)年の大宝律令制定施行によって、筑紫以外の他の大宰府が廃止されたのに対し、筑紫大宰府のみが存続し、名実ともに大宰府が成立。

大宰府の政庁がいつ出来たのか、いつ建ったのか、記録に残されていない、解らない。

いろんな意見がある。倉住説にしても大宰府が成立して言った過程のみ。“律令”は律が刑法、令が行政法を指し中国の法律のこと。法律に基づいて動く社会。

中国では殆どの時代がそういった特徴を有する。日本では奈良・平安の巾しかない。

特に中国の隋・唐の時代は律令国と呼んでいいのではないか。法律のある国家で大宰府がどう動いていったかを見る。

3.      養老職員令大宰府条 養老年間( 717723) ただの1条も現存せず。718年(養老2年)757年養老律令として施行。

これが現行法となった。大宝律令は過去のものとなり忘れ去られていた。それほど大きい違いなし。

大宰府の果たした機能を見るときに、養老律令によって大宝律令の内容をさかのぼってみることにする。 

4.職務内容:主神1人 大宰帥(ダザイノソチ)=長官(トップ)大宰府のみ。基本的に帥の仕事をみれば、全体がわかる。

30いくつの職務内容。大弐1人、少弐2人、大監2人、少監人、大典2人、少典2人。ここまでが基本的メンバー。

帥1人(祠社−まつりごと、戸口簿帳、字養百姓、勧課農桑、糺察所部、貢挙、孝義、田宅、良賤、訴訟、租調、倉廩、

徭役、兵士、器仗、鼓吹、郵駅、伝馬、烽候、城牧、過所、公私馬牛、闌遺雑物、寺、僧尼名籍、蕃客、帰化、饗讌)。

5.大宰府の機能:@対外的機能  A軍事的機能  B管内支配  この3つの機能が書いているはずなのに事実はそうでなく

Bについては全く書かれていない。具体的になんだったかよく解らず推量していく。大宰府の役職のトップは帥。

職務は蕃客(ばんきゃく)=外使節の交渉・接待、その機能を検校(管理・監督)する。

帰化(きか)=いわゆる外国から日本に帰化する志願者の検校(管理・監督)。手順は律令という法律に明らか。

この2つは非常に重要だった。饗讌=パーティー(大宰府オリジナル―他にない)福岡鴻臚館と筑紫館(大宰府鴻臚館) 

A軍事的機能:白村江の敗戦、防人正なる役職。大野城、水城の築城・管理。兵士・騎乗。大宰府を守ったのは誰?

軍団兵士制。大宰府と防人制 B管内支配(内政総管)機能

6.八木充「那津官家と筑紫大宰」古都大宰府を守る会編「大宰府の歴史」1.西日本新聞社1984年刊

 「大宰府の場合、令に規定がない、つまり法的根拠がないのに、実際にはそのような解釈が行われ、普通、大宰府の機能として

  前述の3つがあげられる。そして“遠の朝廷”などと、象徴的にそう言っている。しかし国家の根本法である令にはほとんど

規定がない。にもかかわらず大宰府は現にそうした機能。権能を行使している。これはいずれも歴史的に付与された権限・権能

だからということ。これは、律令国家には、しばしば他にも例はあることで、歴史的な実績を踏まえて、実際にそういう権限を

行使し、付与されている、そういう考え方です。」

@          の機能、蕃客(ばんきゃく)、帰化(きか)にしても、A の機能、防人を司る役所があったということはそれが九州固有

の軍事制度だとしても、これらは国の役割とダブるのではないか。  「大宰府が筑前国を兼務する」ことは明記はされている。

つまりこの条文の中には、「大宰府が九州全体を統括する」といったことは一切書かれていない。

中国の律から、大きく逸脱することはできない。大宰府は、こういった経過を歴史的な実績として受け継いでいった。

大宰府がいつ、どういう形で、そういった機能・権限を与えられていったかを八木充氏の本で考察する。

7.八木充「筑紫における大宰府の成立」 九州歴史資料館編「大宰府政庁跡」吉川弘文館 2002

  @対外的機能  大極殿・朝堂院の国家接待行事と儀式に対応する大宰府政庁の独自な対外的接待儀礼。造営過程もほぼ平行的。

 A軍事的機能  百済の役(白村江)敗北後、天智3年 防・烽の設置に起源。防人は大宰府第(特)期遺構の経営期から存続。 

B管内支配機能 天武朝に実現。その後、「数国規模を総管する筑紫大宰は大宰府に引き継がれ、同時に西海道管内行政機能は

 令文化されないまま、実質的に存続することになった。

8.9.は重複するのでここの記述を省略します。(受講者)

10.管内支配機能−大宰府の役割

  (人事)上級のものの人事権は朝廷にある。下級役人の実地管理を大宰府がまかせられた。大宝2年。

大宝律令施行直後、大宰府は人事権を握ることができた。

  (公文勘会−くもんかんかい)公文:税金を納めるときの文章。勘会:地方(西海道諸国) → 大宰府 → 朝廷  3者の中間点として,税金をチェック。

(財政)納税=西海道諸国からの庸・調はいったん大宰府に集められる。大宰府がそれを保留し、それから国へ送る。残りを中継点である大宰府は使える。 

 佐々木先生の図式(古代大宰府の歴史を財政の観点から見る)

 1  8世紀 〜 9世紀前半  奈良・平安  西海道に対する中央政府の支配が強かった。

 2  9世紀中葉 〜 10世紀前半  中央政府が大宰府に納税管理を委任した。

 3  10世紀末 〜 11世紀初頭  大宰府の直接的支配が表面化。

 太宰府の財政上の力は、はじめは弱かったが、中ごろから強くなり、最後ぐっと強くなった。 1と2の間にあって太宰府と西海道諸国の間にせめぎあいが

あったのではないかと想像される。 人事、公文勘会を押さえねばならないというのが大宰府に求められる立場ではなかったろうか。

上記佐々木氏の図式は8世紀〜10世紀の大宰府の歴史を“財政”の面からとらえた解りやすい図式ではある。別のアプローチ(人事の面)で大宰府の歴史を

とらえることも可能である。いずれにしろ、奈良時代、平安時代それぞれをつなぐ研究が待たれる。「大宰府の歴史は他の地域に比べ、比較的資料が遺されている。

研究は地方から始めていくべき―と最近そう思っています。」と講師はお話を締めくくられました。                               

                                      大宰府政庁跡を散策し撮影  2010426日朝 HP掲載(受講者)



                                                            戻る